しっぽに弓を持っている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼畜 前編

ホラー映画よりも背筋が凍る
『鬼畜』


ずっと観たかった、松本清張原作・野村芳太郎監督の
鬼畜を観ました。

何度も制作されている八ッ墓村、砂の器は
やっぱり野村監督の話が一番好きなので
(ゼロの焦点は中谷美紀さんの演技が素晴らしかったので
近年版も良かったです)
期待して観たのですが、いやあ凄い! 傑作ですね!

今、「そして父になる」で評判の是枝裕和の作品で、
「誰も知らない」も有名ですが
『鬼畜』もぜひ観て欲しい。
怖くて怖くて、涙ぐみました。


内容ですが(↓ネタバレ含みます)






小さな印刷所を営む宗吉とその妻お梅の元に
三人の幼子を連れた女、菊代が訪れる。
妾として別宅で暮らさせていたのだが
印刷所が火事になったこともあり
生活費を渡せなくなった宗吉の所に
子供に食べさせる事もできないと
お手当の催促にやってきたのだった。
お互いに騙されていたと宗吉を罵倒するお梅と菊代。
煮え切らない態度の宗吉と
お梅の辛辣な扱いに腹を立てた菊代は、
子供三人を置いて姿をくらましてしまう。

そして、子供たちはお梅と実の父宗吉によって
次々に処分されていくことに…



これ、実話を元に書かれた小説なんですね。
脚色はされてますが子供を処分しようとする
親がいるなんて本当にあった話とは思いたくない。


明らかに宗吉が悪いです。
だって正妻のお梅は何も落ち度ないもん。
愛人って言うより二号さん?
別に家庭を作ってるんですよね。
男の甲斐だーって感じで。


宗吉は子供たちに
「これからはおばちゃん(お梅)が
食事を作ってくれたり
洗濯してくれたりするから」というんだけど
他人の生んだ子供の面倒をみたくないお梅は
子供たちに辛くあたってしまう。

虐待は絶対に良くないけど、
文句言わずに世話をしろっていうのも酷すぎる。
養子に出すとかすれば良かったのに。
虐待の現場を見ても、宗吉は妻への引け目があるせいか
「やめろよ〜」とやんわりいうだけでしっかり止めないんだもの。
かなりギギギ…となります。

って、ほら! ついに末っ子の庄司を
ネグレクトで死亡させちゃったじゃん!




長くなるので、続きます(・ω・)ノ


『鬼畜』
監督/野村芳太郎
制作国/日本


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「映画ベース」のご案内

しっぽに弓を持っている 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


たくさんの方からのレビューが集まり、
そして数々の映画の中から面白い映画を見つけられるサイトに
何としてもしていきたいですので、
是非一度サイトにお越し頂き、ご利用をご検討頂けないでしょうか?

突然の勝手なお願いではありますが、
どうかよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------

紀平 光太 | URL | 2013-10-12 (Sat) 13:21 [編集 ]


Re: 「映画ベース」のご案内

ありがとうございます。

機会がありましたら訪問させて頂きます。

劇場ねずみ | URL | 2013-10-20 (Sun) 22:33 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。