しっぽに弓を持っている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてるものはいないのか

マンツーマンで死なれるの、あたしヤだから
『生きてるものはいないのか』



石井岳龍監督作品で、染谷将太くんが出ている。

まあ、普通観るでしょ、という感じですが




いやあもう、面白かった! すっごい面白かったー!

戯曲が原作というのがいいんですよね、

台詞まわしが素晴らしい。

だってもうタイトルからしてイイ!(・∀・)b

(近年の邦題とか酷いの多いし)



内容は、

「ある日突然世界中の人々が

次々に原因不明の死を遂げていく」

という、まあ良くあるものなんですが、

ミスト(←これも大好き)みたいに悲愴感、ヒーロー感は全くないです。



死の連鎖の原因は何なのか? 生き残るためにはどうすればいいのか?

普通はこの辺をメインに描いていくのが王道ですが

んなこたどーでもいいんです。

この映画の見所は

テンポのいいんだか悪いんだかリアルそうで計算された会話と

主要人物のあっけない死にざまです。



何人かの最期を看取り、多分自分もいずれ死に至る。

今際の際に何を言い残せばいいのか

と考えてみても時間も無いし、失敗してもやり直しはきかない。

「心配だわ〜。上手く死ねるかしら?

だって死ぬの初めてだし」←エアマスター



自分だったら何て言おうかなぁって、準備しとかなきゃなぁって、

この映画を観たらそんな風に考える人も多そうです。

とりあえず「ハムスター」ってのしか思い浮かばなかった…


ジャケのイラスト凄くいいですね。

見てたのに、鳥が落ちて行くとこで一番ビックリしたし。

未公開シーンも面白かった。



やっぱ面白い邦画はめちゃくちゃ面白いなあ。

こういう素晴らしい作品が公開館数少なくて

別に見なくてもいいようなのがバンバンCM打って

全国ロードショーとかやるんですよね。

で、邦画は面白くないなんて言われる。やーね。





≪この世の終わりの物凄い夕暮れ≫
「生きてるものはいないのか」
監督/石井岳龍
脚本/前田司郎
製作国/日本





生きてるものはいないのか [DVD]生きてるものはいないのか [DVD]
(2012/09/21)
染谷将太、高梨臨 他

商品詳細を見る




生きてるものはいないのか生きてるものはいないのか
(2008/04)
前田 司郎

商品詳細を見る






にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。